高取チェンソーCLUBは高取山をベースに、大胆かつ繊細なチェンソーアートを楽しみ、森に、人に、自然に還元しています。

メインメニュー
ホーム
森の感謝祭 2016
主な活動予定・成績
高取チェンソーCLUBとは
掲示板
リンク
検索
お問い合わせ
「のりのり」のプチ整備
森の感謝祭 2015
森の感謝祭2014
森の感謝祭2013
森の感謝祭2012
森の感謝祭2011
森の感謝祭2010
森の感謝祭2009
森の感謝祭2008
森の感謝祭2007
森の感謝祭2006
管理用エリア
ログインフォーム





パスワードを忘れました?





get_adobe_reader
ホーム

「森の感謝祭 in たかとり2016」ありがとうございました。

DSC_7838
あいにくの天候だった初日でしたが、中日と最終日は幸い好天に恵まれた感謝祭でした。みなさん事故もなく、怪我もなく無事に終了することができました。
これも一重に、参加されたカーバーのみなさん、スタッフの方々、関係各位のご尽力、ご協力のおかげだと感謝しております。
 
本当にありがとうございました。
2011年以後、鈴木寿幸さんの「森の楽園」の支援活動をバックアップしており、「人は人でしか助けられない」「今日必要としている方に明日行っても意味がない」そんな言葉を胸に、私財をかけて被災地の最前線でボランティア活動をされています。
 
今回は鈴木さんのご海底の事情で予定が合わず参加できなかったため、皆さまへメッセージをいただきました(全文)
 
メッセージ
 
森の感謝祭主催の高取チェンソーCLUBの皆様、森の感謝祭にご参加のカーバーの皆様には、東日本大震災支援としまして、毎年多大なるご支援、誠にありがとうございます。
本来なら、感謝祭に参加をさせていただいて、震災の状況や支援報告をさせて頂くのですが、家庭の事情で、どうしても参加することができず、大変申し訳なく思っております。
震災から5年半という月日が流れ、一見、復興したように見えますが、郡部におきましては、ハード整備もソフト整備もまだまだ立ち遅れいています。若者が集落から出ていき、家族がバラバラで生活し、以前のように集落としての機能を発揮できないところもたくさんあります。
これからの支援活動は、残された人々が、いかに自らを奮い起こし、やる気を取り戻させるかが重要だと思っております。心の中に深い傷を持ち、それでも以前のようにと頑張っておられる、ひとりひとりのケアを心がけていきたいと思っております。
東日本大震災では、全国各地から多くの方々に支援に来ていただきました。今年発生をしました熊本地震の熊本の方々にも支援をいただきました。本来なら、私が熊本に渡り、熊本地震の支援を行い、そのお返しを行うことが役目ではないかと思っております。また、感謝祭でお預かりする支援金を活用させていただくことが、絆を繋げるという意味でも、本来の姿ではないかと思っております。
 
しかしながら、両親も年老い、今、赴くこともままならない状況で、申し訳なく思っております。そこで、聞くところによりますと、全日本チェンソーアート協会の活動としまして、11月に熊本支援として、活動をされるとお聞きし、是非、今回の感謝祭での東日本大震災支援金を、活用いただければと思っております。
私もチェンソーアートでカーバーの皆さんとも繋がれ、高取チェンソーCLUBの皆さんにご支援頂き、支援活動もできました。これも、チェンソーアートがあってこそのご縁です。ご縁がご縁を呼び、繋がることは素晴らしいことだと思います。高取チェンソーCLUBのみなさんのお気持ちを裏切ることになるかもわかりませんが、カーバーのみなさまのご理解が得られるならば、今回の感謝祭での東日本大震災支援金を、熊本に届けていただきたいと思います。身勝手かもしれませんが、私の想いをお察しいただき、ご理解をお願い申し上げます。
 
2016年10月吉日
 
宮城県蔵王町森の楽園 鈴木寿幸
 
みなさんの温かいご支援が、鈴木さんの「顔から顔へ」の活動として活かされます。被災地の復興、被災者の方々の心の癒しにはとてつもない時間がかかると思います。
 
参加された皆さんの総意で、鈴木さんの想いを快諾くださいました。11月3日の熊本へむけて、栗田さんを筆頭にその想いを届けていただける運びとなりましたことをご報告申し上げます。
 
また、全日本チェンソーアート協会の呼びかけで、小さなカービング作品を持ち寄り、森の感謝祭でオークションを開催されました。落札額の全額が被災地へ届けられることとなり、森の感謝祭 in たかとり 2016 の閉会式で報告をされました。
 
今後とも森の感謝祭共々、ご理解ご協力をよろしくお願いします。
 
また、来年の「森の感謝祭 in たかとり 2017」でお会いしましょう!
 

レポート

2016年10月28日撮影分(698枚)

C316-1028


2016年10月29日撮影分(1,111枚)

C316-1029


2016年10月30日撮影分(1,055枚)

C316-1030


森の感謝祭 in たかとり2016 の受賞者は以下の通りです

kikito特別賞

DSC_7633
早川 武子さん
 
DSC_7636
大野 宏泰さん
 

kikito賞

DSC_7647
谷川 昭広さん
 

全日本チェンソーアート協会特別賞

DSC_7652
棚岡 信也さん
 

山田機械サービス賞

DSC_7669
蘭  二朗さん
 

特別賞

DSC_7681
井手 明彦さん
 
DSC_7692
渋谷菜津子さん
 
DSC_7703
丸山  正さん
 
おめでとうございます。
 

カーバーズチョイス

DSC_7719
児玉  光さん
 

ピープルズチョイス

DSC_7729
近藤 一夫さん
 

功労賞

近藤 一夫さん
DSC_7797
 

メインカービングオークション売り上げの50%を支援金として、全日本チェンソーアート協会さんへお預けしました

DSC_7758
 

全日本チェンソーアート協会さんから支援金の報告をいただきました

DSC_7774

 

 

森の感謝祭2016

C3-16 フライヤー

2016年10月28日(金)・29日(土)・30日(日)

『森林は、この地球に生きるすべての生きものにとってかけがえのない財産です』

森林には国土の保全、水源の涵養、木材の生産という重要な役目と共に、地球温暖化の防止、生物多様性の保全機能も重視され、環境教育やセラピー効果などの機能も注目されています。森林は私たちにとって、かけがえのない財産であり、生命維持装置でもあります。

私たちカーバーにとって木材は大切な材料であると共に、大切なパートナーです。木と向かい合い、対話し、息吹を吹き込んでいます。私たちがその大切なパートナーを育んでいる「森に感謝し、還元する」ことはとても大切なことだと思っています。さらに、チェンソーアートが地域の原動力や社会貢献の機会となることができれば、とても素晴らしいと考えています。

参加申込書PDFはここからダウンロード

森の感謝祭は、「森に人に地域に感謝し、森に人に地域に還元する」ことを最大のテーマとしています。

『チャリティ・チェンソー・カービング 森の感謝祭』は、チェンソーアートを通じて「森に人に地域に感謝し、森に人に地域に還元する」そんな想いを形にするため、チャリティイベントとして「高取チェンソーCLUB」が主体となり開催するものです。

「人に還元する」という想いを東日本大震災のボランティア活動を通じ被災地の支援とし、売上金の一部をボランティア活動の支援金とします。

「地域に還元する」という想いを形にするため、木のあたたかさや良さ、癒しと共にチェンソーアートの啓発などのために、チェンソーアートによる「癒しのベンチ」を全国の希望される公共的施設へプレゼントします。(応募多数の場合は抽選)

「森に還元する」という想いを形にするため、新たな息吹を次世代に引き継ぐ「ドングリのホームステイ」などを実施するものです。

癒しのベンチ申込書はここからダウンロード

さらに詳しくは「森の感謝祭2016の趣旨」および「感謝祭2016開催要項」をご覧ください。

 

感謝祭2016開催要項

チャリティ・チェンソー・カービング

 

森の感謝祭 in たかとり 201

SUPPORT3.11 C3-16

開 催 要 項 (案)

 

メインテーマ「自然・感謝・祈り・願い」

 

1.趣  旨

『森林は、この地球に生きるすべての生きものにとってかけがえのない財産です』

 

森林には国土の保全、水源の涵養、木材の生産という重要な役目と共に、地球温暖化の防止、生物多様性の保全機能も重視され、環境教育やセラピー効果などの機能も注目されています。森林は私たちにとって、かけがえのない財産であり、生命維持装置でもあります。

私たちカーバーにとって木材は大切な材料であると共に、大切なパートナーです。木と向かい合い、対話し、息吹を吹き込んでいます。私たちがその大切なパートナーを育んでいる「森に感謝し、還元する」ことはとても大切なことだと思っています。さらに、チェンソーアートが地域の原動力や社会貢献の機会となることができれば、とても素晴らしいと考えています。

 

森の感謝祭は、「森に人に地域に感謝し、森に人に地域に還元する」ことを

最大のテーマとしています。

 

『チャリティ・チェンソー・カービング 森の感謝祭』は、チェンソーアートを通じて「森に人に地域に感謝し、森に人に地域に還元する」そんな想いを形にするため、チャリティイベントとして「高取チェンソーCLUB」が主体となり開催するものです。

「人に還元する」という想いを東日本大震災のボランティア活動を通じ被災地の支援とし、売上金の一部をボランティア活動の支援金とします。

「地域に還元する」という想いを形にするため、木のあたたかさや良さ、癒しと共にチェンソーアートの啓発などのために、チェンソーアートによる「癒しのベンチ」を全国の希望される公共的施設へプレゼントします。(応募多数の場合は抽選)

「森に還元する」という想いを形にするため、新たな息吹を次世代に引き継ぐ「ドングリのホームステイ」などを実施するものです。

 

「森の感謝祭」は東日本大震災のボランティア活動を通じ被災地を応援します!

夢と希望と温かい心をとどけよう!

2011年3月11日未曾有の大震災が東北地方を中心とし発生し、多くの尊い命が奪われ、今もなお震災支援をボランティアが支えています。高取チェンソーCLUBは、震災を忘れることのないよう「顔から顔へ」の支援として、震災当初より支援を続けておられる我々の仲間である宮城県・鈴木寿幸さんの「森の楽園」の活動を支援します。

 

 

2.開 催 概 要

イベント名: チャリティ・チェンソー・カービング

       森の感謝祭 inたかとり2016  SUPPORT3.11 & C3-16

 

開催日時 : 2016年10月28日(金)・29日(土)・30日(日)

 

開催場所 : 高取山ふれあい公園

       〒522-0335 滋賀県犬上郡多賀町藤瀬1090

       TEL:0749-49-0635  FAX:0749-49-0637

       http://www.tagatown.jp/takatori/

主  催 : 高取チェンソーCLUB

       〒522-0335 滋賀県犬上郡多賀町藤瀬1090

       高取山ふれあい公園内

       会長:樋 栄 浩 之

       http://www.takatori.cc/ 

CLUBメール: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。観覧するにはJavaScriptを有効にして下さい

後  援 : 大滝山林組合・高取ふれあい公園・

       多賀町・全日本チェンソーアート協会

 

協  力 : 高取森林クラブ・趣旨に賛同頂いた有志の方々

 

協  賛 : チェンソーメーカー、企業、関連団体、個人支援

 

企  画 : 高取チェンソーCLUB

 

3.プ ロ グ ラ ム 概 要

○ 10月28日(金):1日目

 

   7:00  受付・抽選

   9:00  フリーカービング

         フリーカービング&クイックカービング&メインカービング自由

  12:00  昼食

  13:00  フリーカービング

         フリーカービング&クイックカービング&メインカービング自由

  16:00  終了・後片付け

 

 

○ 10月29日(土):2日目

 

   8:00  受付・抽選

   9:00  開会式

         ベンチ打ち合わせ

   9:30  「癒しのベンチ」制作

  12:00  昼食

         クイックカービングオークション

         ベンチ贈呈式(写真撮影)

  13:00  クイックカービング&メインカービング

  16:00  終了・後片付け

         クイックカービングオークション

○ 10月30日(日):3日目

 

   7:00  (すでに受付完了の場合は、カービング可能とするが、時間以前は禁止)

   8:00  受付・抽選

   9:00  メインカービング

  12:00  終了・昼食

  13:00  ピープルズチョイス投票締め切り

         カーバーズチョイス投票締め切り

         メインカービング&クイックカービングオークション

  14:30  表彰式

         ・ピープルズチョイス表彰式&プレゼント抽選

         ・カーバーズチョイス表彰式

         ・特別賞表彰式

         ・功労賞表彰式

         ・記念撮影

4.参 加 費

参加期間

参加日

宿泊形態

参加費

10月30日

31日

11月1日

金額

備考

昼食

夕食

宿泊

朝食

昼食

夕食

宿泊

朝食

昼食

1日間

10月28日

宿泊なし

 

 

 

 

 

 

 

 

10,000円

クイックカービング参加者は、表中の参加費より

2,000円のを減額します。場合によりクイックカービングに参加できなかった時は、返戻金精算時に調整します。

 

10月29日

 

 

 

 

 

 

 

 

5,000円

10月30日

 

 

 

 

 

 

 

 

10,000円

2日間

10月28日・29日

宿泊なし

 

 

 

 

 

 

 

6,000円

10月29日・30日

 

 

 

 

 

 

 

6,000円

10月28日・30日

 

 

 

 

 

 

 

11,000円

10月28日・29日

大型施設泊

 

 

 

 

14,000円

10月29日・39日

大型施設泊

 

 

 

 

17,000円

10月

28日

30日

10月28日泊

大型施設泊

 

 

 

 

19,000円

10月29日泊

大型施設泊

 

 

 

 

22,000円

3日間

10月

28日

29日

30日

宿泊なし

 

 

 

 

 

 

10,000円

10月28日泊

大型施設泊

 

 

 

15,000円

10月29日泊

大型施設泊

 

 

 

16,000円

10月28日

・29日泊

大型施設泊

20,000円

※10月29日(土)の夕食は、ウエルカムパーティの費用を含んでいます。

※午後からの参加でも、参加費は同額とします。

※10月29日のベンチ作りに参加されない場合は、5,000円を加算した金額となります。

(金額にはすでにベンチ作り参加の特典として5,000円の減額をしてあります。)

※食事が不用な方や上記の表に該当しない参加形態をご希望の方は、ご相談ください。

※宿泊施設は、80人収容(1室10名、8室)で、男女別の相部屋とします。ただし、1グループ8名以上でのご利用の場合は、先着順にできる限り1室割り当てしますので、申し込み用紙の「ご意見・ご要望」の欄にご記入ください。その他、部屋の割り振り等は、主催者が行いますので、ご了承ください。

 

 

○別途加算料金

形   態

大型宿泊施設1室

前泊(食事なし)

無料

前泊(翌日朝食付き)

1,000円

前泊(夕食・翌日朝食付き)

3,000円

後泊(食事なし)

2,000円

後泊(夕食付き)

4,000円

後泊(夕食・翌日朝食付き)

5,000円

朝食(1食あたり)

1,000円

夕食(1食あたり)

2,000円

ウエルカムパーティ

5,000円

※追加については、2日前までにお申し出下さい。前日・当日の場合はご用意できない場合がありますので、ご了承下さい。

※追加料金は、参加者・同伴者についても同じ金額とします。

※前泊・後泊とは参加日を基準とします。

 

○同伴者

  • 同伴者とは、参加者と行動を共にされる方で、参加者と同一宿泊とされる方とします。
  • 同伴者の宿泊・食事を含む滞在費は、参加者の参加費より大人5,000円引き、子供6,000円引きとします。
  • 子供は、満3歳以上で小学生以下の方をいいます。
  • 満3歳未満の子供は無料ですが、食事のご用意はいたしませんので、保護者と分け合ってください。
  • 同伴者の方の昼食は含まれておりませんので、各自ご用意いただくか会場内で調達してください。

5.出 場 者 資 格

  1. チャップス、イヤマフ(耳栓)、メガネ、手袋、安全靴(スニーカーなど)の安全用具を最低限着用できる方。
  2. チェンオイルはバイオ製品または植物性を使用すること。
  3. チェンソーアートを志す方、志している方で、趣旨に賛同いただける方。
  4. 木に感謝の気持ちを忘れずに彫刻できる方。
  5. 今までにチェンソーを使用した経験のある方。
  6. すべて自分の責任で行動が行え、責任が負える方。
  7. 事故・怪我など全て自己責任とし、各自保険に加入している方。
  8. 実施要項を理解し、その責任が負える方。

以上のすべてが該当する方に限ります。

 

 

6.カ ー ビ ン グ ル ー ル

 1)共通ルール

  1. 主にチェンソーを使用すること。ただし各自動力源を確保すること。動力源が電気の場合  は主催者が用意する電源を使用しても構わないが、可動性について保証するものではない。
  2. 電動工具の使用は認めるが、各自電源の確保を行うこと。主催者が用意する電源を使用し  ても構わないが、可動性については保証するものではない。
  3. チェーンオイルは植物性またはバイオ製品とする。
  4. チャップス、イヤマフ(耳栓)、メガネ、手袋、安全靴(スニーカー)の安全用具を必ず  着用すること。
  5. チェンソー、燃料などはもちろんのこと、テント、コンプレッサーなど必要と思われる物  は、全て各自で用意すること。主催者は、会場および材料の準備を基本とする。
  6. 持ち込みの材、持ち込み作品を認める。(会場で地域材の販売も行う。)
  7. バーナー使用については、火災などや他のカーバーに迷惑にならないように行うこと。
  8. 作品を引き出せる着色・装飾などは自由とする。
  9. 開始時間までにチェンソーで直接彫刻することは禁止する。(周囲の安全確保のため)
  10. 出場者以外はネット内に入れない。(主催者が認めた場合はその限りではない。)
  11. カービング終了後、後かたづけは、木っ端、おが粉の分別をし、参加者が協力して行うこ  と。
  12. 自己責任のもと、各自休憩を取ること。
  13. チェンソーの危険性を十分に理解し、事故防止に努めること。(安全第一)
  14. 作品の制作、販売など、キャラクター等の著作権等の権利があると思われるものは、各自  で事前に承認を得ておくこと。主催者としては一切の責任は負わない。(個人の権利等の遵  守)また、本人の意思とは関係なく、主催者がキャラクターであると認めた場合は、オーク  ションの対象としない。
  15. サポートは自由とする。ただし、チェンソーによる直接的な彫刻については禁止する。
  16. フリーカービング、クイックカービング、メインカービングの時間は、参加時間内で各自  自由に配分すること。
  17. 癒しのベンチ作り以外は、参加時間は自由とする。ただし、周囲に迷惑をかけないように  準備・設営を行い、併せて、事故の無いように注意する。(時間帯によっては、会場内に車  両が入れないため、各自駐車場より運搬すること。)

 

 2)フリーカービングのルール

 

  1. テーマ:自由
  2. 参加:自由
  3. 作品数:自由とし各自時間内に完成できる作品数とする。ただし、材料は完成毎に材料を選択すること。(一度に1本の材料を選択)
  4. 材料は、先着順に指定されている材料より各自選択する。(スギ・ヒノキ1m材、根曲がり材、株木、広葉樹など)
  5. フリーカービングの時間内に、メインカービング、クイックカービングを行ってもよい。
  6. フリーカービングとしてのオークションは行わないが、個人販売として各自販売してもよい。ただし、販売金額の10%を主催者に納入すること。(納入金額は功労賞に反映される)
  7. フリーカービングとして作成された作品を、メインカービング、クイックカービング作品に替えることは差し支えない。

 

 3)クイックカービングのルール

 

  1. テーマ:自由
  2. 参加:自由。ただし、1日目、2日目のいずれか、または両日に参加される方。
  3. 作品数:1日当たり1作品とする。ただし、複数の作品を制作しても差し支えない。
  4. クイックカービング作品は、必ずオークションとし、参加費を2,000円減額する。
  5. 1日に数点作っても1作品とし、オークション出展点数分の落札金額は、功労賞の算定に入れる。
  6. クイックカービングの時間は、参加時間内であれば自由とする。

 

 4)メインカービングのルール

 

  1. テーマ:自由。ただし、作品のタイトル、作品への想いなどコメントを記載すること。
  2. 参加:自由。
  3. 作品数:1作品とする。材料は、先着順に、全ての材料から、各自切り分け選択する。ただし、原則として材料の長さを1.3m以内とし、これを超えて使用する場合は、主催者の了解を得ること。
  4. オークションは自由とする。ただし、メイン材料(スギ材、直径40Cm程度、長さ1.3m以内)で作った作品を個人販売された場合は、売上金の50%を主催者に、震災支援金として寄付すること。
  5. オークションの売上金の半額をカーバーに返金する。残りの半額は、東日本大震災活動支援金とする。
  6. メインカービングのオークション価格または個人販売価格の半額を功労賞に反映する。
  7. メインカービングの時間は、メイン・クイック・フリーの時間内で自由とする。

 

 

7.癒しのベンチ作り

 

 木の良さ、あたたかさ、癒しをベンチに託して、公共施設へプレゼントする。2人1組でベンチ寄贈先の要望に出来る限り応えるベンチ作りを行う。

 

  1. テーマ:寄贈先の希望するもの
  2. ベンチ作りは、2日目の午前9時~正午までとする。
  3. 材料は、支給とする。(持ち込み材料や装飾品など使用してもよい。)
  4. パートナーのチェンソーによる手助けはOK。
  5. パートナーの組み合わせは、受付時に主催者が行う。
  6. 寄贈先の抽選は、1日目の夕食時に行う。(不在の場合は、代理抽選とする。)
  7. パートナーおよび寄贈先の抽選は、場合により主催者が決定する場合がある。
  8. ベンチ作り参加者は、参加費5,000円の減額を行う。(すでに参加費は、減額された金額のため、ベンチ作りに参加されない場合は、参加費に5,000円を加算するものとする。)

 

 

8.各    賞

功労賞(testimonial):森の感謝祭において最も栄えある賞

 

賞金 3万円および楯・副賞

1名(楯は翌年返還されるものとする。翌年レプリカ贈呈)

選出方法

メインカービングオークション落札価格の50%(またはメインカービング材料での個人販売された価格の50%の納付金)+クイックカービングオークションの売上金+個人販売の主催者への10パーセントの自己申告による寄付金の合計金額の上位1名。ただし、最終日のオークション終了時点での判断とする。

 

ピープルズチョイス:来場者が選ぶ人気NO.1

 

賞金 2万円 1名

選出方法   来園者による人気投票1位の者に授与

プレゼント

高取チェンソーCLUB会員による事前に製作した作品をピープルズチョイス受賞作投票者の中から1名にプレゼントする。(主催者が責任を持って当選者に届ける)

 

カーバーズチョイス:カーバーが選ぶ人気NO.1

 

賞金 2万円 1名

選出方法1位:5ポイント、2位:3ポイント、3位:1ポイントのポイント制とし、参加カーバーが参加したカーバーの中から森の感謝祭期間を通して、素晴らしいと思われるカーバーを選出する。

対象

メイン・クイックを問わず森の感謝祭を通して判断する。

 

 

 

○特別賞:主催者の判断により、特別に決定する賞

 

賞品 3名

 

 

※特典

 

功労賞・ピープルズチョイス・カーバーズチョイス受賞者は、次年度の森の感謝祭参加費を無料とする。

 

 

 

 

9.個 人 用 販 売 ブ ー ス

 

ブース

特に設けない。希望者にはL="1".8m、W="0".45m、H="0".7mの1脚を貸与。

販売場所 抽選により決定した場所付近のネット外

販売物 自由。現地作成品でも可。

売上金  売上金の10%を主催者に寄付する。10%の申告は自己申告とする。

 

 

10.宿 泊 場 所:高取山ふれあい公園内大型宿泊施設(80人用:10人1室:計8室)

 

  1. 宿泊場所への荷物の搬入は、適宜行うこと。
  2. 使用した寝具は、元の場所へ整理整頓し、片付けること。
  3. 使用した枕カバー、シーツは午前9時までに管理事務所へ返却すること。連泊の場合は、最終日に返却すること。
  4. チェックアウト時には、清掃を行い、ごみは分別をして、所定の場所へ出すこと。(来た時よりも美しく)
  5. パジャマ、洗面具、シャンプー、石鹸、ドライヤーなどは持参のこと。
  6. ペットの入園は不可。ただし、盲導犬、介護犬などの場合は可。
  7. 宿泊施設には、シャワー室、トイレ、エアコン、布団が完備されている。
  8. お風呂は交流センターを利用し、午後5時~午後10時まで利用できる。(主催者に「お風呂券」(無料)を受け取ること)
  9. その他、管理事務所の指示による。

 

(※なお、バンガロー、雑魚寝部屋、オートサイト、テントサイトの利用は取りやめました。個人的に利用される場合には、各自公園へお申し込みください。)

 

 

 

 

11.お問い合わせ

高取チェンソーCLUB

〒522-0335 滋賀県犬上郡多賀町藤瀬1090 高取山ふれあい公園内

http://www.takatori.cc/

CLUBメール: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。観覧するにはJavaScriptを有効にして下さい

事務局長 喜 多  誠

TEL/FAX:0749-47-1206  携帯:090-8754-9137

Eメール: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。観覧するにはJavaScriptを有効にして下さい

携帯メール: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。観覧するにはJavaScriptを有効にして下さい (ドメイン指定あり)

 

 

12.応募締め切り

2016年10月11日(火)必着

 

 

 

 

 

13.応募先

522-0335 滋賀県犬上郡多賀町藤瀬1090

高取山ふれあい公園内 高取チェンソーCLUB

 

 

14.その他注意事項

  1. この要項を守れない場合は、主催者の権限で、参加資格の剥奪および会場からの退場させることができる。
  2. 参加者および関係者はこの要項を厳守しなければならない。
  3. この要項は、主催者の権限により変更することがある。
  4. 参加者自らが主催者の一員として行動し、協力し、相互理解と信頼関係で結ばれていること。
  5. 主催者は応急処置はするが、本人及び家族、親族、関係者などからの賠償責任等の責めは一切負わないものとする。また、このことを参加者本人は、家族や関係者などに事前に承認を得ておくこと。
  6. 参加者同士のチェンソーなどの賃貸・アドバイスなど、当事者の了解・責任のもと行うこと。
  7. 無理をせず安全第一とすること。
  8. 趣旨にそぐわない行動や言動などを慎み、楽しく観客を魅了するカービングに心がけること。
  9. 他の宿泊者や公園利用者の迷惑にならないようにすること。
  10. その他記載されないことなど主催者の判断とする。
 
<< 最初 < 戻る 1 2 次へ > 最後 >>

結果 1 - 3 of 5
最新ニュース
人気記事
誰がいますか
RSS配信